費用見直しをしない会社|費用やサービスから選ぶマンション管理会社|お得なサブリース活用
レディ

費用やサービスから選ぶマンション管理会社|お得なサブリース活用

費用見直しをしない会社

積み木

不動産投資物件を運用するにあたり、近年多くの人に利用されているのが、サブリースによるサービスです。このサブリースとは、物件の管理代行会社が行なういわゆる「一括借り上げ」と呼ばれるサービスです。管理代行会社とサブリース契約を結ぶと、管理代行会社は店子からの家賃をオーナーに代わって徴収します。徴収したお金から各種代行業務の手数料を差し引き、一定の保証料をオーナーに支払うというサービスです。保証料の価格は一定であるため、店子が家賃の滞納などをしてしまった場合や、急に部屋を引き払ってしまった場合などでも、一定の金額が得られるのが利点となります。不動産収入が減ってしまうと、不動産物件を購入した後のローンの支払いが滞る恐れがあります。常に一定金額の保証金を確保できるサブリースは、安定してローンの返済ができるため、非常にありがたいサービスといえます。

サブリース契約を行なう場合、気をつけるべきなのが、管理代行の会社選びです。管理代行会社の中には、空室を理由に、勝手に家賃の減額を行なってしまう会社も存在するのです。家賃価格が減額すれば、得られる家賃収入も大きく減ってしまうため、物件のオーナー側からすれば問題となるでしょう。家賃費用を常に一定額得たいとするならば、借り上げ賃料の見直しを行なわない管理代行業者を選ぶとよいでしょう。契約書などにこうした賃料の見直しをするかどうかという文言が書かれているので、サブリース契約を行なう際には契約書の内容をしっかりと吟味しておくとよいでしょう。